プロフィール

mei0

Author:mei0
メインは聖魔。サブで(火)毒魔、銃を育成中です。

SPAM コメントは削除します。
多かったので、少しコメント欄の書き込みに制限を加えました。ご了承ください。

なお、本サイト内にある「MapleStory」に関する全てのコンテンツの文章・画像等の著作権は、すべて「株式会社ネクソンジャパン」 「韓国NEXON社」に帰属します。コピーなどはNEXON 著作権ガイドラインに従ってください。


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


最近のコメント


最近のトラックバック


ブログパーツ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャワーヘッド

マイクロバブルを発生させるシャワーヘッドがあるそうです。

小さな泡が毛穴の汚れを取り除いてくれるそうです。
温浴効果で体も温まるとのことなので、シャワー派としては、非常に気になります。



お肌しっとり、髪つやつや、今話題のマイクロバブルシャワーヘッドモニター募集企画 ←参加中
スポンサーサイト

キッチン

賃貸に住むと、意外と悩むのがキッチンです。
優先順位、妥協できないポイントなどを決め、物件を見ますが、妥協候補としてあがってくるのが、
間取りと、広さ、駅からの距離、キッチンなどになります。

ビルトインキッチンの物件に住むことが多く、電気コンロ、ガス、IHと色々渡り歩きました。
色々物件も眺めました。
が、なかなか2口のコンロを持っている台所には出会えませんでした。
そして、流しと作業スペースが狭い物件ばかりです。
両手鍋を買ったら、鍋が流しより大きくて、洗うのにお風呂場に持っていったこともあります。
まな板も100円ショップのおもちゃのようなサイズがぴったりだったり。

お茶を沸かしながら、他のものも温めたい!と感じてしまう日々です。
そんな状態での生活が長いせいか、システムキッチンには憧れがあります。
色々なのを眺めて、妄想を膨らませてしまいます。
使いやすいキッチンでストレスなくごはんを作ってみたいです。

南青山トーヨーキッチンのショールームがオープンしたそうです。
キッチンは女の住まいともいいます。
このショールーム、どんな素敵な空間が広がっているのか、気になります。

マンション管理士

マンションの管理ってどうやっているのかな?と疑問に思っていましたが、マンション管理士という職業もあるそうです。
マンション管理士ガイドのサイトによると、
なんと、国土交通省が実施する、マンション管理士試験に合格した人だけがなれる資格職です。
しかも、合格率10%以下!
超難関試験なんですね。

お仕事内容は、マンションに関するありとあらゆる問題や相談に応じ、助言や指導・援助などをおこなうそうです。

ありとあらゆる問題や相談に応じるとのことなので、専門知識だけでなく、クレーマー対処もできないとやっていけそうにない感じがしますね。
資格職だからあったら有利なのではなく、人の役に立ちたいと思う人が、マンションというものを通して、それを実現する仕事なのではないでしょうか。

大変そうなお仕事ですが、今後普及して、マンションに快適に住めるようになるとユーザーとしては嬉しい限りだなと思います。
仕事のニーズもありそうなので、将来性の高いお仕事ともいえそうですね。

ウッドデッキ

ウッドデッキっておしゃれですよね。
はだしで使えるものであれば、足裏への刺激にもなって、体にもよさそうです。

が、賃貸マンションなど、庭のない家庭では使い道のなかなかない一品です。
マンションのベランダに置くというのは、安全上あまりオススメできないかな?と思うのです。
大人しかいない、来ない家であれば、使えるでしょうが、安全面の不安が残ります。

手すり自体、あまり高くないですよね。
でも、身を乗り出さない限り、一応、転落はしない程度の高さになっています。

それが、ウッドデッキを置くことで足場が高くなると、転落可能な高さに手すりがなってしまう可能性があります。
事故を防ぐためには、事故になりやすい環境を作らないこと!があると思います。
なので、ベランダに置いて使うと、広々と遊べるかな?と思いつつも、危険性を考えると置けないなと思います。

ベランダの手すりの高さを増すことができるのであれば、ベランダにおきたいなと思います。

そこで、思っているのが、車に積む!です。
キャンプ場などにウッドデッキも持って行き、そこで広げるのです。
風の強い時期は、レジャーシートだと飛んだりしますよね。
そこで、その代わりにウッドデッキを使うのです。

欲しい車がキャンピングカーだから思いついた考えですが、普通の車では載せるのが難しいのが欠点です。


新生活応援!リゾート気分のウッドデッキ、あなたならどう使いますか?! ←参加中

室内で快適に過ごす工夫

夏場にクーラーを入れて過ごすのは一つの手ですが、冷えすぎてしまうのが欠点です。
そんな場合には、除湿機を使うようにしています。
除湿機があれば、雨の日の洗濯物にも困りませんし、花粉・梅雨の時期や冬場もカビの防止に役立ちます。

夏場に除湿機というと暑く思えますが、実は違うのです。
人間の温度が高く不快だと思う基準に、気温の高さと湿度の高さがあるそうです。
片方だけが高くても意外と不快感は高くならないそうです。
暑い夏場は温度を下げることが難しいのですが、部屋の湿度を下げることはまだ容易です。
除湿機を使うことで湿度を下げ、蒸し暑さを、からっとした暑さに近づけるのです。
そうすれば、意外と不快に感じず過ごせます。

冬場は、暖房を使うより先に、一枚上に着ることを心がけています。
日のあたる時間帯は、カーテンをあけ日の光を取り込み、日があたらなくなったらカーテンを閉め、保温に勤めるようにしています。

少しの手間をかけることで、エアコンを使って過ごす時間が大幅に減っています。

室内で快適に過ごすために、どんな工夫をしていますか?

『お知らせアイコン』付電波クロックで室内の生活環境をチェック!

 | ホーム |  次のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。