プロフィール

mei0

Author:mei0
メインは聖魔。サブで(火)毒魔、銃を育成中です。

SPAM コメントは削除します。
多かったので、少しコメント欄の書き込みに制限を加えました。ご了承ください。

なお、本サイト内にある「MapleStory」に関する全てのコンテンツの文章・画像等の著作権は、すべて「株式会社ネクソンジャパン」 「韓国NEXON社」に帰属します。コピーなどはNEXON 著作権ガイドラインに従ってください。


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


最近のコメント


最近のトラックバック


ブログパーツ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体温の上がるとき

興奮して体温が上がるときってありますよね。

私の場合は、好きな作家の本を読んでいるとき、が体温が上がります。
不定期にしか新作を出さない作家の場合、新刊が出る事が判明した時点で、ちょっとあがります。
そして、発売日を待ち、本屋で買えた瞬間さらにUP!
近くの本屋さんで扱ってなくて探しに出かけた場合は、なおさらあがります。

で、家に帰って、わくわくしながら本を開いて、読み始める。
この時点で、本を読めることに嬉しくて、体温がかなりあがります。

一行一行読んでいくと、話に引き込まれ、ますます体温があがります。
そして、その本を読み終わったら、もう最高潮です!

好きな作家の本を堪能できる瞬間。
堪能しきった瞬間。
体温は上がりっぱなしです。

スープストックトーキョー
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://meifc2.blog118.fc2.com/tb.php/146-342045c3

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。