プロフィール

mei0

Author:mei0
メインは聖魔。サブで(火)毒魔、銃を育成中です。

SPAM コメントは削除します。
多かったので、少しコメント欄の書き込みに制限を加えました。ご了承ください。

なお、本サイト内にある「MapleStory」に関する全てのコンテンツの文章・画像等の著作権は、すべて「株式会社ネクソンジャパン」 「韓国NEXON社」に帰属します。コピーなどはNEXON 著作権ガイドラインに従ってください。


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


最近のコメント


最近のトラックバック


ブログパーツ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会議システム

テレビ会議ってドラマや映画の中で出てくるのに比べ、現実では出てくる頻度が低い機がします。

テレビ会議システムは、離れた人と、電話だけでは伝わりにくいことが伝えられることがメリットだと思います。
テレビ会議サービスがあれば、あとは、用意するのは、PCと、WEBカメラ、マイクだけ。
ノートパソコンは、マイク搭載のものが増えていますし、中にはカメラつきのものもあるので、そうなると、PCさえあれば大丈夫ですね。
質にこだわる場合には、USB接続のWEBカメラにマイクにヘッドセットなどがあればよいでしょう。

大人数であるなら、スピーカーに、集音マイク、プロジェクター、広範囲の写るカメラが必要です。

PCに付属のマイクとスピーカーは、場所によっては、ハウリングを起こす、タイピングの音が相手に届く、などの問題を引き起こします。
重要な話をする数日前に、テストしてみて、ちゃんと会話ができるか確認して、問題がありそうであれば、ヘッドセットなど、用意しておくのが大切です。

また、カメラも、場所と見え方がわかっていないと、せっかくの伝えたいことが伝わらないので、事前にカメラの場所と、移せる範囲の限界を調べておくことが大切です。

一番最初のテレビ会議の経験は、1990年代、インターネットがまだ普及しきっていない頃の模擬体験です。
が、意外なことに?実はその当時から、使う設備は変わっていません。PCに付属ではないので、外付けでしたが。
カメラやヘッドセットの性能がアップし、値段が安くなったりというのはありますね。

最近はむしろ、PCに付属のもので済ませてしまうことが多くなりました。

絵などを伝えることのできるシステムなので、可能であれば、ぜひ、導入してみてください。
電話では越えられない壁を越えた世界が体験できます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://meifc2.blog118.fc2.com/tb.php/361-56cc2b03

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。