プロフィール

mei0

Author:mei0
メインは聖魔。サブで(火)毒魔、銃を育成中です。

SPAM コメントは削除します。
多かったので、少しコメント欄の書き込みに制限を加えました。ご了承ください。

なお、本サイト内にある「MapleStory」に関する全てのコンテンツの文章・画像等の著作権は、すべて「株式会社ネクソンジャパン」 「韓国NEXON社」に帰属します。コピーなどはNEXON 著作権ガイドラインに従ってください。


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


最近のコメント


最近のトラックバック


ブログパーツ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

受験生頑張れ

今年のセンター試験は、1月17日、18日の2日です。
あと2週間を切り、焦っている受験生も多いのではないでしょうか。
私立大学の入試も追い込みの時期になっているのではないでしょうか。

私立に絞っている人も、センター試験は受けておくと便利です。
私立でもセンター試験の結果を利用して、受験が可能な大学があります。
センター試験終了後に願書を出す学校もありますが、センター試験前に願書を出す学校もあります。
どちらがいいかは、それぞれなので、受験にかけることのできるお金と、志望校とよく相談して決めてください。

センター試験前に出願の学校だともう間に合わない、なんてこともありません。
たとえば、東京都市大学は、1月5日~1月16日が出願期間なので、今から申し込むことができます。

滑り止めを受けるメリットとして、安心感。
デメリットとして緊張感が欠ける、対策に時間、受験で体力を使う。金銭的負担が増える。
があります。

センター利用であれば、一度受けてしまったものを利用するだけなので、受験の手間と対策の必要性がなくなるので、受験料と、願書の送料で済むのが魅力です。

また、望みが薄いと思っても諦めずに挑戦するのも、受験では大切だと思います。
願書を出さなかったら、入試を受けに行かなかったら、絶対合格はありえません。
受験をすれば、受かる可能性が全くないとはいえなくなるのです。

親戚で、志望校Aに落ち、後期試験で出そうか悩んでいた子がいるのですが、
第2志望校である、合格の見込みの高い学校Bの試験日の直前だったことと、志望校の後期は模試の判定が悪かったため、
塾の先生数人に相談したら、やめたほうがいいとアドバイスを受けたそうです。
A大学の対策をせず、B大学の対策だけで、そこに絞るべきと言う考えだったそうです。

親としては、受かってくれたらどちらでもいい!
今年、A大学を受験したのに、浪人した場合、来年は一校受験する学校を減らしてもらうことになるけど。
という状態でした。

本人の得意科目と、受験科目、受験地などを確認し、全く可能性がないわけではないと思ったので、

B大学の試験対策を重点的にやり、A大学の対策はやらないか、B大学の対策の気分転換程度にすること。
A大学の近くの宿が押さえられなかったら、負担を考えて受験を諦めること。
体調が悪かったり、結果待ちの大学に受かった場合もA大学は諦めること。

この条件で本人が納得したので、親の許可をもらってA大学を受験することを薦めました。
願書を出したけど、受験しない可能性もあったので、無謀かなと思いましたが、
・願書を出さなければ、受験したくてもできない
・無理して2箇所受けるより、なるべく無理のない状態にするほうが良いだろう
ということで、この条件を提示してみました。

A大学への願書を出したのは塾の先生には言わなかったようです。


結果として、その子は、B大学に落ち、A大学には補欠でしたが合格しました。

塾の先生達は全く予想していなかった結果だったようで、A大学の後期試験を受験していたことを喜んでくれました。

本人に聞くと、A大学の対策は一切やらずに受験した。
B大学の試験は、苦手分野が多く出題されていた
A大学は苦手科目は急にかなり難しい問題が多く出ていた、得意科目は得意分野が多く出題されていた
とのコメントでした。
2大学とも、問題の傾向が過去問からはずれていて、本人の得手不得手との合致が大きかったようです。
A大学の苦手科目はかなり難しい問題が多く出ていたので、解けない生徒が多かったのではないでしょうか。
そのため、苦手な生徒と、普通な生徒の点数差があまりつかなかったのかなと思います。

受験をしたことと、問題に恵まれたこと、これが一発逆転を引き起こしました。
彼は今、A大学で大学生をやっています。楽しい学生生活を送っているそうです。

受験は、一回きりのチャンスです。
失敗するかもしれませんが、逆にいつも以上の力を発揮できることも十分あります。
実力が出しきれるように、落ち着いて受けてください。
良い結果がもたらされますように。

東京都市大学

受験生応援メッセージ募集!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://meifc2.blog118.fc2.com/tb.php/645-d22d4821

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。