プロフィール

mei0

Author:mei0
メインは聖魔。サブで(火)毒魔、銃を育成中です。

SPAM コメントは削除します。
多かったので、少しコメント欄の書き込みに制限を加えました。ご了承ください。

なお、本サイト内にある「MapleStory」に関する全てのコンテンツの文章・画像等の著作権は、すべて「株式会社ネクソンジャパン」 「韓国NEXON社」に帰属します。コピーなどはNEXON 著作権ガイドラインに従ってください。


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事


月別アーカイブ


カテゴリー


最近のコメント


最近のトラックバック


ブログパーツ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本で栽培出来るハーブ

ハーブと言うと、ヨーロッパのイメージが強い気がします。
が、意外と日本でも栽培可能です。
あまり気温が暑い、寒いなどあると、可能な種類が限定されますが、かなり頑張って育ってくれる植物だと思います。

昔、実家では、もらってきた数種類のハーブを庭に植えたため、凄いことになりました。
最初はもともと植えていた植物と共存していたのですが、気がつくと、ハーブに侵食されていっていました。
数年で大半がハーブに変わり、これではいけないと、多少ハーブを減らすことになりましたが、
根が広く張っているため、かなり大変でした。
種や根が残っているとそこから成長するのです。

ハーブの生命力の強さを実感しました。
できたハーブは、最初のうちは、お茶にしたり、クッキーなどにいれていたのですが、
あるとき、庭がよそ様の飼い犬のトイレになっていることを知り、食用ではなく、観賞用にすることにしました。


ハーブの生命力の強さの例をあげていくと、
たとえば、ラベンダー。
北海道の富良野市が有名で、寒いところで育つイメージがありますが、本州の南側でも育てることが可能です。
ラベンダー畑のように群生させるのは難しいかもしれませんが、庭に植えておけば花も咲かせてくれます。

カモミールやミントも手軽に庭に植えておけば育ってくれます。
が、欠点は、育ちすぎるところです。
庭に植える場合には、しっかり根の張れる範囲を区間を区切って植えないと、他の植物の領域を侵食していきます。
雑草さえも枯らす勢いで成長してくれることもあります。
大きくしたくない場合は、庭に植えるより、鉢植えをオススメします。

カモミールの場合は、鉢の周辺に土がないようにするよう置く事も大切です。
ジャーマンカモミールは一年草なので、種で増やすことになりますが、勝手に世代交代して増殖してくれます。
ローマンカモミールは、多年草なので、株分けで育てるのが理想的でしょうが、これも種で非常に増殖してくれます。

チャイブも可能ですが、庭でねぎを育てている気分に襲われました。
ビジュアル重視の方は、良く検討のうえ、育てるほうがいいかもしれません。
カモミールなどと比べると、比較的普通の生命力で、共存させると、負けはしないけど、勝ちもしない。現状維持で精一杯な感じでした。

バジルは虫に食われたりするし、そんなに強烈な増殖は見せなかったので、生命力が少し強めのハーブという印象です。

レモンバームは意外と繊細な印象があります。
少し弱っているのをもらって、庭に植えたら、枯れてしまいました。
元気なものを植えると元気にそだちますが、カモミールやミントには負けます。
虫の被害も特になく、元気にそだってくれます。
一年草なので、色々植える場合は鉢植えで育てるほうが楽かなと思います。

アーティチョークも、サイズ的に育てることが可能な家は少ないと思いますが、可能です。
知り合いの本州在住の人で育てている人がいます。
かなり大きくなっていました。


ミントは水栽培で育てられないかな?と近頃考えています。
生命力が強いので、わざわざ鉢を用意しなくても、コップの中に入れておけば適度にそだつのでは?と期待しています。
花粉症の症状軽減や、カフェインレスの飲み物として、ハーブを重宝していて、台所栽培をしたいなと思っているのです。

ウェルネスレモンバームby兼松ウェルネス

「日本で栽培出来るハーブを教えてください!」by兼松ウェルネス
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://meifc2.blog118.fc2.com/tb.php/649-6c1a8099

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。